Bリーグ初観戦。

こんにちは、リアクト鈴木です。

毎週末の台風襲来に悩まされますね。

週末の予定が狂いがちですw

先日福岡市民体育館で行われたプロバスケットボールチーム、ライジングゼファーフクオカの開幕戦を観に行ってきました。

相手は田臥選手率いる栃木ブレックス。

田臥選手と同年代ということもあり、やっぱり注目してしまいます。

しかし38歳でプロのコートでやり続けるってすごいなと。

プロ野球でも今年は同年代の杉内投手や村田選手なども引退が目を引きました。

年齢による衰え(これは自分もヒシヒシと感じます)、新しい世代の台頭、システムの変化などなど、それらをマネジメントしながらプロでコート上で輝き続ける田臥選手、改めて尊敬します。

basket-count.com より

 

開幕戦試合の方はご存知の通り栃木の2勝で終わりました。ライジングは、ジェイコブセン選手、ピットマン選手らビッグマンを起点に得点を重ねていましたが、栃木の堅守を崩せず、他からの加点が難しいなという印象でした。

とは言えBリーグ初代王者相手にB1リーグ初参戦で緊迫した良いゲームだったと思います。

そして生で観る試合はやはり違います!
得点と関係ないところでの選手個々の動き、アタックする角度、ボールのもらい方、パスの強さ速さ、声の出し方などなど、プレー1つ1つがすごい。

日本最高峰の選手たちが躍動する姿、学生さん達は是非生で観て体感、勉強して欲しいです。

W&C キャンプに参加されていた小林選手、石谷選手はディフェンス、リバウンドにハードにアタックしていて、スタッツには反映されにくいところでも頑張る姿勢に胸熱でした!

ああいう姿勢がチーム全体に活気や流れを生み出しますね。

今後の活躍に期待です!

ちなみに我が家の上の娘2人(5歳&3歳)に誰が好みか聞いたところ、2人とも「小林選手!」と言っていました。

理由は「ヒゲがなくてかっこいい」だそうです笑

 

投稿者プロフィール

鈴木 豊人
鈴木 豊人REACT リアクト 代表
理学療法士/ピラティスインストラクター/シューフィッター
総合病院〜整形外科クリニックで理学療法士として10年間勤務後、独立。
2017年10月より福岡市東区にパーソナルコンディショニング/トレーニング/ピラティスのジムをオープン。
身体の動きの質の改善をコンセプトに体の痛み、不調からボディメイクまでお客様のニーズにあったコンディショニングを提供している。
家では3姉妹の父親として奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です