継続の力。4度目の八甲田山。

こんにちは、リアクトです。

福岡は春が来たかのような気候ですね。

僕はこの週末2月8日~11日の4日間、青森は八甲田山へスノーボード合宿に行ってきました。

年に1回のスノーボード合宿も気づけば4年目でこれも立派な継続の1つだなと。

今回はその内容の一部始終を写真多めでお伝えします。

外れるタイヤ。

初日空港着いてボードケースを下ろすと同時に転がり落ちるボードケースのタイヤ。

「え、これ外れる事あるの??」

この旅が間違いなく成功であることを予感させる好スタート。

その後早速飛行機が飛ばない笑

結局45分近く遅れ、乗り継ぎ便に乗れない緊急事態が懸念される中での離陸。

しかしこのピンチも地上係員さん達の達者な取り回しにて回避。

乗り継ぎ待ち時間なんと3秒でした笑

滑るタイヤ。

絶賛スタック中のレンタカー

無事青森空港に到着しレンタカーを借りていざ八甲田山へ。

距離にして空港からおよそ1時間。

昔雪山に籠っていたこともあり、雪道での運転には割と経験があります。

が、このレンタカー、ちょっと古いせいか過去最高に滑る!

行きはまだいいけど帰りは大丈夫か?

(山に向かうので行きは上り、帰りは下り、更に言うと帰りの方が気温が下がり凍ります。)

この予感は的中します。

まず駐車場から道路に出る道でスタックし、後ろに列を作りました笑

「大丈夫かー?」

と後続車の皆さんが5人ほど出てきて一緒に押してもらいこのピンチを脱出。

しかしピンチは続きます。

山でボードで滑りに来ているのに雪道で車で滑っている場合ではありません。

ちょっと脇道に当て込んでやれ!なんてことしたらマジでシャレにならない。

アクシデントはいいけど、インシデントを起こしたらこの旅も台無しです。

軽にも抜かれるくらいのスピードでそろりそろりと車を進めながら、初日はそのままレンタカーを交換しに行くのでした。

滑らないボード。

初日軽くコース内を滑った時は問題なかった。

しかし2日目バックカントリーツアー初日。

軽く登ってボードを履いていざトラバース。(トラバースは斜面も降るのではなく横方向にゆる〜く移動すること)

ん、あれ、滑らない。

ボード滑らない!!

寒くて雪の結晶の粒子が小さくできるとうまくボードが滑らないことがあります。

またボードの裏が一時的に温まりその後冷えることで氷がつくことがありこれがあると引っかかって滑りません。

しかしそんな現象を超えて僕のボードは滑りませんでした。

間違ってダンボールに乗っているのでは?と思うほど滑りませんでした。

実は今回ボードを買い替えました。

買い替え時にお店で基本的なワックス仕上げをして自分でも2度ワックスをかけて八甲田に臨んでいます。

にも関わらず!

集団で1人ボードが滑らない恐怖は味わった人にしか知り得ませんが、間違いなく周囲をザワつかせます。

『あいつのせいでパーティー遅れる』

『絶対メンテしてない』

そんな心の声が聞こえてくる気さえします。

「ボードの裏凍りついてないですか?」

そんな優しい声かけも頂きましたが、凍り付いているのはこんな僕の醜態を見た皆さんの方だと存じております。

幸いにもトラバースルートはそれほど長くなく、あとは斜度のあるところに出たのでどうにか皆さんと一緒に滑れました汗

ワックスがけも初心に返って頑張ろうと思いますw

滑らなかったジョーンズ。友人も同じモデルでしたが彼の板は滑っていました。

それでも最高だった八甲田。

と、まあいろいろありましたが全部ひっくるめて最高でした笑

今年の記録的な暖冬の中でこれだけの雪に当たったことだけでも感謝です。

滞在中は最終日を除いて連日40cm超えで降り続けていました。

一面銀世界。

今回のバックカントリーツアーで気づいたことが1つあります。

このバックカントリーツアーにも全体の流れ、パーティーの流れ、個人の流れがあることです。

集まった面々はその日その場限り、全国津々浦々から集まった方々ですが、20名超えの大パーティーでもストレスなく通しで滑れることもあれば、ちょこちょこ止まりストレスを感じることもあります。

また、個人でも朝の1発目の滑り出しで止まることなくスムーズに滑れたらその日一日を通してのライディングもスムーズ、逆に1発目で転倒〜埋まるなんてことになると、1日中転倒しているようなケースも見受けられました。

スノーボードにそんな流れを感じることはこれまでありませんでしたが、やっぱり気持ちとか呼吸とかリズムとかの影響って大事ですね。

後ろのパーティー。僕らのパーティーはタイミングよくここのノートラックをゲットできました!

 

サンライズマーケット。

実は青森に行く目的がもう1つ。

弘前市にある洋服屋、サンライズマーケットさんへの訪問です。

一度は訪れたい赤い扉。

最初は個人のインスタグラムを通じで知り得たお店ですが、遠く離れていても一度は行ってみたい、そう思わせて下さる魅力的なお店です。

ちなみにサンライズマーケットのホームページはこちらです。

今回はオーナーの松本さんが運動不足を解消したいとのことでサプライズプレゼントを準備。

リアクトのスペシャルトレーニングプランをご用意してお渡ししてきました!

トレーニングプラン資料の一部。

正規の博多土産をすっかり忘れていたのでせめてこれがあって良かったです笑

運動不足の解消になるトレーニングと食事や気になる姿勢のことなど織り交ぜて作成しました。

果たして成果が出るか否か。。(きっとやりきって下さるはず!)

1年後またお会いするのが楽しみです!

お店の皆さんと記念写真。来年も今から楽しみです1

投稿者プロフィール

鈴木 豊人
鈴木 豊人REACT リアクト 代表
理学療法士/ピラティスインストラクター/シューフィッター
総合病院〜整形外科クリニックで理学療法士として10年間勤務後、独立。
2017年10月より福岡市東区にパーソナルコンディショニング/トレーニング/ピラティスのジムをオープン。
身体の動きの質の改善をコンセプトに体の痛み、不調からボディメイクまでお客様のニーズにあったコンディショニングを提供している。
家では3姉妹の父親として奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です