朝の習慣。TMG Break Fast Club。

こんにちは、リアクト鈴木です。

かなり久しぶりのブログ更新となってしまいました。

福岡はもとよりまだまだ日本全国でCOVID-19の影響は色濃くある現状です。

アフターコロナではなくウィズコロナの社会生活をどのように構築していくか、個々人が直面している問題だと思います。

また、僕のようにトレーナーとして働いている人たちは働き方そのものも模索している最中ではないでしょうか。

実際お店の売上としては厳しい状況は続いていますが、スポーツそのものの魅力や人が体を動かしたいという欲求自体が損なわれたわけではありません。

むしろこういった当たり前のニーズに気付く機会になりましたが、提供する側としてどうやって安全に、楽しく提供できるかは現在進行形の課題です。

必要な変化に柔軟に対応していけるための準備は常にしていこうと思います。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、このコロナ渦で1つ新たに始めたことがTMG BreakFast Club です。

TMG BreakFast Club

一言で説明すると『毎朝6時からの有料オンラインエクササイズグループ』です。

TMG Athletics代表の中山祐介さんが開催するグループで、

『朝を制して1日を制する』

『単なるエクササイズではなくマインドセットを変える』

といったことを内なるコンセプトに30分、週4回行われます。

Breakfast Club

 

3月からコロナ渦でいろいろなことが自粛・制限される中、1つ自分で

「毎朝、雨天以外、何らかのトレーニングをする」

ということを決め実践しています。

そのタイミングとも相まって4月からこのBreakFast Clubに参加しています。

早くも丸5ヶ月が経過!

 

どんな内容?

簡単にご紹介します。

週のうち2回は主に自重でのエクササイズ、残りの2回はチューブやバランスボールを使ったエクササイズです。

エクササイズは呼吸から始まり体の動きに大切な背骨や胸郭・股関節のストレッチ種目、トレーニング種目と30分でこんなにできるのか!というほどのボリュームです。

自重での回で動かし方や動きのコツを学び、チューブやボールを使う回で力の入れ方に変化を起こしたり強度を上げたりといったイメージです。

チューブなどなくても他のバリエーションを提示して頂けますが、やっぱりツールはあった方がより変化を感じられて面白いです。

ちなみに僕は室内でなく屋外で受けているのでバランスボールの替わりにバスケットボールを使っています。

バスケットボールだとバランスボールのようにいかずできないことも多いですが笑、それはそれで楽しんでやっています。

「これを応用して今度学生を追い込んでやろう」なんてことも考えてます笑

感覚の共有。

TMG Breakfast Clubでとても面白い取り組みが参加者の皆さんで『感覚の共有』をフィードバックすることです。

オンラインでのグループエクササイズなので、個々人の動きのチェックが難しいですしそのエクササイズの効果があるかどうかは判断しかねる、、(これはどのオンライングループレッスンでも一緒だと思います)

その中で自然発生的に?できた取り組みがこの『感覚の共有』です。

あるエクササイズに対して、

「自分はこうやった方が感じやすい」

「こういうやり方だと力が入りやすい」

「こんなやり方はどうでしょう?」

といったやりとりエクササイズ後に中山さんやクローズなSNSを通じて行います。

自分以外の人のやり方、感じ方を参加者の皆さんで共有する作業は1人で黙々と正解を探すより遥かに近道だと感じます。

もちろん他者の感じ方が自分の正解になり得るという訳では決してありませんが、他者のグッドフィーリングが自分の中になかった感覚に気づかせてくれることは多々あります。

その新たに気づいた感覚を統合させることで自分なりの正解に近づかせていくわけです。

オンラインの可能性。

通常オフラインでのエクササイズ教室では主に講師と受講生との間での確認で1対1のやりとりはありますが、上記のように多対多のやりとりにオンラインの可能性も感じます。

参加者も一般の方から競技者、あるスポーツにバックボーンを持っている方など様々で本当にそれぞれの視点からの意見が参考になります。

エクササイズ後10分間、中山さんが質問を受け付けておりその中で感想や共有を行いますが、特に何も質問が出ない時は中山さんのアメリカ時代のエピソードや身近なところでの小噺など聴けてそれはそれで楽しい時間帯です。

個人的には感覚の共有もそうですがチューブを使ったエクササイズの面白さを再発見させてもらいました。

普段チューブを使ったエクササイズは一部のクライアントにしか提示することがなかったのですが、チューブを負荷として考えずにアシストするためや力をコントロールするためのツールとして捉えるとまた違った使い方になるなと身をもって体感しています。

朝6時からは最初は早いと感じるかもしれませんが、朝が苦手でない方は是非オススメです!

 

 

 

追記

週4日のBreakFast Club以外はラントレを中心にトレーニングを継続しています。

まだまだ暑く夏バテ気味ですが、皆さんも体調管理に気をつけてお過ごしください!

 

投稿者プロフィール

鈴木 豊人
鈴木 豊人REACT リアクト 代表
理学療法士/ピラティスインストラクター/シューフィッター
総合病院〜整形外科クリニックで理学療法士として10年間勤務後、独立。
2017年10月より福岡市東区にパーソナルコンディショニング/トレーニング/ピラティスのジムをオープン。
身体の動きの質の改善をコンセプトに体の痛み、不調からボディメイクまでお客様のニーズにあったコンディショニングを提供している。
家では3姉妹の父親として奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です